SGEの天然水・九州の名水・ミネラルウォーター、ヘアシャンプー、入浴剤なら岩の雫本舗

会社概要 | サイトマップ | お問い合わせ

買い物カゴの中を見る

地質学からみたSGE

世界最大級の巨大カルデラを誕生させた地球エネルギーが
1万年の時をかけてつくりあげたエネルギー鉱石…
それが「SGEストーン」である

地球エネルギー
世界最大のカルデラの核

世界有数の火山地帯、“火の国”九州。
SGEストーン、そしてSGEウォーターの産出地帯は、大分県と宮崎県を分かつ1000m級の峰々が連なる九州山地の北東。

それは、約1億3000万年前の中生代白亜紀から約1500万年前の新生代新第三紀にかけて誕生した地層「四万十帯」にその鉱床を形成している。

ちなみに、「四万十帯」は、東南太平洋の中央海嶺で海山や海台が、プレートに乗って1億年を経て日本列島に接近、衝突し陸源堆積物を付加し形成された地層と考えられている。

注目すべき点は、この地が世界最大といわれる阿蘇のカルデラをはるかにしのぐ世界最大級のカルデラの痕跡が今なお残る地でもあり、祖母山、傾山、そして大崩山など中世代の活発な火山活動により誕生したカルデラ火山群のほぼ中核に位置しているといった事実である。この1500万年前の世界最大級のカルデラの誕生、それはくしくも日本列島が大陸から離れて現在のような列島となった時期と一致している。

SGE鉱石帯はまさにこのダイナミックな地球エネルギーが繰り広げる神秘にみちた地球創造ドラマの中で誕生したのである。

ホルンフェルス
1万年の熟変成"ホルンフェルス"

それでは、SGEストーンの誕生のドラマとはいかなるものであったのだろうか。SGEストーンを構成している造岩鉱物の化学組成からその謎を紐解くと以下のような事実が浮かび上がってくる。

その誕生は、約6000万年前~1500万年の中生代後期から新生代にかけての祖母山、傾山、そして大崩山の大規模な火成活動に端を発する。
なかでも、世界最大級のカルデラ形成の原因となった大崩山およびそれをとりまく直径30kmほどの大規模火山活動は、それ以前に形成された「四万十帯」地層に多大なる影響をもたらした。
SGEストーンは、この大崩山の大規模火山活動にともない噴出した花崗岩マグマの「後火成作用」および変成作用により、「四万十帯」地層を構成する海洋底堆積岩である砂岩が大きな変成をうけて誕生した新鉱物、“ホルンフェルス”であると考えられる。
さらに、SGEストーンに存在する菫青石<(Fe,Mg)2 Al4 Si5 O18>をはじめとする変成鉱物や、特徴的な化学組成鉱山物質は、この鉱石が火山活動により花崗岩マグマから放出された約400℃~500℃の揮発性の火山性ガスによって約1万年という長い歳月をかけて熟変成を受けて誕生したことを物語っている。

世界最大級の巨大カルデラを誕生させた地球規模のエネルギーが1万年の時をかけてつくりあげたエネルギー鉱石、それがSGEストーンである。

微量元素
微量元素、希土類元素の宝庫

さらに、SGEストーンをその造岩鉱物およびその主成分から探ると、あらためてこの石のもつ特殊性が浮かび上がってくる。
そのひとつが、従来のSi02(二酸化珪素)やMgO(酸化マグネシウム)Al2O3(酸化アルミニウム)、Fe2O3(三酸化鉄)、K2O(酸化カリウム)といった基本元素の他に、バナジウム、ラドン、ルビジウム、チタン、ジルコニウムなどといった一般の岩石ではみられない微量金属元素やさらには、ランタン、ルテチウム、エルビウムなど地球の始源的組成とされる希土類元素を多種含有しているといった点である。

このことからも、地球創造のエネルギー核といえる火山性のマグマから放出された様々な微量元素がガス化し、1万年の時をかけて母岩である砂岩の粒子空間に入り込みホルンフェルス化することにより他に類をみないエネルギー鉱石が誕生したと推測できる。

▲PageTOP